So-net無料ブログ作成

写ルンです [EOS60D]

1-IMG_2279


フィルム時代、写ルンですにはお世話になったこともある。

しかしながら、今、これがまた再ブームになっていると。
わからなくもない。
焼き増しするまでのワクワク感と出来上がりのフンワリ感。

しかし、私はそのフンワリ感は必要がなく、
あのレンズも嫌いだったし、
現像代も厳しかった。

フィルム時代の憂さを晴らさんが如く今のデジタル連写を満喫しているのに。だ。


デジカメ創生期、写ルンですと同じようなレンズのコンデジを使っていた。
解像度も最低だ。
でも、上記のような理由で嬉しかった。今でもそれを覚えている。

コンデジのレンズもどんどん進化し、不満も無くなっていった。



枚数制限とISO(ASA)、現像代さえ無ければフィルムも面白いのは間違いない。
不便をどう思うかだ。




・・・・・・・・銀塩の解像度にデジカメは追いついたのだろうか?
フィルムの実力はそこにあるはずなのだが。




nice!(44)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 44

コメント 2

JUNKO

考えてみると、いろいろな時代を経て今日までカメラを撮ってきました。どの時代も夢中であったことは確かです。
by JUNKO (2019-02-06 21:02) 

みゃぁちゃん

JUNKOさん>

その件については私もそうなんだったと思います。

その代償が高かったんですよね。その当時。


by みゃぁちゃん (2019-02-09 21:41) 

※当ブログで公開する写真について著作権を放棄しておりません。非営利・営利問わずご利用の際はコメント等でのご連絡をお願いします。