So-net無料ブログ作成

占う [EOS 1D X]

2-EOS_0073


八重垣神社の鏡の池。パワースポットとして有名な神社である。

1-EOS_0070


「銭占い」
和紙に小銭を乗せて鏡の池に浮かべて、沈む時間で婚期、沈んだ場所で遠くの場所なのか近いのかを占う。



カップルで二人別々にやってたのを見たんですが、こういう時はどうしたらいいんでしょうね。





新しい相棒は、物凄く感度がよろしいようです。
シャッターがすごく軽いんです。切るつもりなくても切ってしまいます。

シャッター音は「キンッ」という感じで、連写だと「カカカッ」という表現。まだ慣れません。
秒速12枚というスピードは手にして実際やってみると恐ろしく感じます。(レフ機なもんで)
私の普段使いには明らかにオーバースペックなので、秒速4枚に設定をしてワンショットの代わりで使ってます。(秒枚数自由に変えられるってのも何気に恐ろしい機能なんですが)
もちろんチャッと切り替えればすぐ本気出せます。

ISO12800でも全くソレらしさを感じさせません。それがどうしたという感じ。


こいつがプロ機と言われるポジションにある理由が徐々に体に染みてきてます。
どういう状況であれ、とにかく撮れるということ。お金を生める仕事になるということ。
何でこんなスペックなのとか何でこんな機能がいるのという理由は多分そこにある。

今までEOS使ってきてるんで、そう戸惑うこともなく撮影してますが、設定次第で失敗が減る。
シャッターチャンスとか、ピン外してでも対象を絵の中に入れるとか、多分そんなの。
「撮れなかった」というミスが大幅に減るんだというのも多分理由に入ってます。





続きます。




nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 40

コメント 0

※当ブログで公開する写真について著作権を放棄しておりません。非営利・営利問わずご利用の際はコメント等でのご連絡をお願いします。