So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パンとコーヒー [グルメ]

1-IMG_0776


2-IMG_0777


3-IMG_0780


最近の風潮として「〇×珈琲」という名のついた店でパンやスイーツを食べながらコーヒーを飲むという楽しみ方が流行っている。
事実、チェーン店が次々と島根に出来上がっている。

一人当たりの支出金額は軽く1000円を超える。

まぁ、仕方ないかなと思うのだが、一つだけどうにも納得できないことがある。
納得がいかないので一度行ったらあまり行くこともない。

それは、「〇×珈琲」と銘打っているのに珈琲の選択肢がブレンドとアイス位しか無いのだ。

なので私は地元の珈琲店でその日の気分で銘柄を変えてコーヒーだけを単品で楽しむのだ。





タグ:珈琲
nice!(55)  コメント(4) 

新開地で老舗洋食 【グリル一平 本店】 [グルメ]

1-IMG_3266


決して華美でない、地元民が生活している雰囲気を醸す、新開地。

神戸は「ビフカツ」が有名だ。
久しぶりに食べてみたくなったので、ここ新開地が本店の老舗洋食のグリル一平を訪ねた。


13時に並んで、30分で入れたかな。

撮影許可もきっちり取りましたし。

2-IMG_3271

やわらかで肉厚の牛肉を食べるなんて久しぶり。
ステーキじゃないけど肉はミディアム状態。
ソースは色とは相反する少し薄めの味。そうか、これがここの味なのか。ビールで流し込む。んんまい!
3-IMG_3274

女房はイタリアンをチョイス。マカロニが売り切れでした( ;∀;)
味はと言えば、うちの地元の有名店の味を少し薄くしたような感じ!
でも、卵が乗ってるとか基本の味が同じ感じなのでとても美味しい!
なるほど、これなら人気なのがよくわかる。うん!

地元の年配の常連さんも並んでましたね。
一人席のカウンターで昼食を楽しんでらっしゃいました。お洒落だなー。

4-IMG_3275


鉄人と洋食の二つの野望を成し遂げ、旧友たちと次の場所へと向かうのでした。

でも、その話は別ネタを挟んでちょっと先までお預け。





nice!(50)  コメント(0) 

誕生日を「穴子の陶箱飯」で 【宮島 まめたぬき】 [グルメ]

昨日は更新できませんでした。

1-IMG_1958


誕生日休暇、宮島で「まめたぬき」のアナゴを食べたいという野望達成にしました。
まめたぬきのメニュー は  >  こちら
※もちろんちゃんと撮影許可、快くいただいております。


2-IMG_1960


宮島と言えばアナゴ飯ですが、過去食べたアナゴ飯は当りが悪かったのか骨の処理が悪く、口当たりというか舌触りというか何というか、ひたすら食べづらいものでした。
でも、寿司ってアナゴ寿司とか美味しいじゃないですか。

アナゴは煮たものなら大丈夫じゃね??

そう思ったら、宮島の「まめたぬき」のアナゴは煮てあるんですね。これなら宮島のアナゴもOK!

アナゴの下には錦糸卵も敷いてあります。とても柔らかくてワンダフル!


野望を達成しました。
早朝から向かって4時間かけて食べに行った感じです。



3-IMG_1999


宮島まで行ってアナゴしか食べていないわけではないのですが、まぁ、気分で後日その他をアップするかと思います。

ちなみにこの鹿も向こうから勝手に寄ってきたので数十センチの目の前で撮影したものです。
目の中を拡大してよく見てください。私がはっきりと映っています。カメラ一式の荷物とともに。



初の誕生日休暇。女房と満喫させていただきました。






nice!(39)  コメント(0) 

私には高尚過ぎたか? ガストロノミー 【平田 ラルカンシェル】 [グルメ]

【ガストロノミー】
※ガストロノミーを実践する人を、食通あるいはグルメなどと呼ぶが、彼らの主な活動は、料理にまつわる発見、飲食、研究、理解、執筆、その他の体験にたずさわることである。
~ Wikipediaより抜粋 ~

私は基本的にB級グルメの舌しか持っていないので、それを超えるとみな美味しい。活動もそこ止まり。


★カナダ産 活けオマール海老のロティ ア・ラ・ノートル・ファソン
 出雲産・4種のキノコ・デュクセル&バジル仕立て
10-IMG_0829

うわぉ!
1-IMG_0831

これが目の前に来る前に、「オマール海老ってどういう感じで皿に乗ってるんだろう?」なんて女房と話してて、
「全部殻から出して盛ってあるとか?」
「いやまさか披露宴によくある半身のグラタンとか」「いやいやそれはない!」
・・・・・・・・・なんて言ってたのですが、その中間が目の前に(笑

ア・ラ・ノートル・ファソン って、申し訳ない、理解不能の状況です。
それと、4種のキノコの「デュクセル」ですが、キノコの種類を特定することは不可能でした。

慣れないフォークとナイフによる身の取り出し作業に悪戦苦闘し、食べ終わったときには違う達成感を味わいました。味わう余力より悪戦苦闘のほうが強かったですね。
なにせやはり生きが良かったのでしょう。程よく火が通してあるので身はミディアムでナイフを跳ね返すほどの出来栄え。歯ごたえも味も抜群です。ソースはどちらかと言えば凄く控えめ。


★シャンパン&エルダーと梨のグラニテ
11-IMG_0833

エルダーって何だ??
その場でググる。  ぬう、ハーブか。
口直しの一品だが、シャリシャリとした冷たい歯ごたえの中に確かに梨がその存在を主張している。

12-IMG_0834

メインを前に赤ワインがサーブされる。


★【特選】しまね黒毛和牛サーロインのローストビーフ仕上げ
13-IMG_0836

きゃー
14-IMG_0838

ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?何何!!

ローストビーフって聞くとすぐ赤身の歯ごたえあるあのいつもの味を思い出していたのだが、

「これは全くローストビーフとは別物」


まずやはり上質の脂をまとったサーロインであったこと。本来ステーキで出すものをローストビーフに寄せてソースと肉の旨さをあわせて楽しむようなもの。
赤身の旨さを求めるものではなく、全く別の肉料理になっていました。

それに何?私の経験上最大のトリュフの量!

口に運ぶと和牛の脂の旨さを纏った肉とトリュフの香り、歯ごたえ、オリジナルソースの旨み!
たった一皿でどっしりとした味の満足感と腹応え。女房は一皿を食べ切れませんでした。
この経験は貴重です。こんなローストビーフならいつでも食べたい。

あと、このトリュフの量見てたら「玉子ご飯にかけたい・・・・」と思ってしまう別のB級な私がいました。


★フラン・マンジェ アマレット入り
15-IMG_0841

デザート系はマダムお手製。
さきほどのメインディッシュの余韻を楽しみながら。

★ラ・フランスのホワイトソース仕立て
 木苺と林檎のソルベ添え
16-IMG_0843

クリスマスにふさわしく、小さいながらも雰囲気満点のデザート。
ソルベは女房のツボにモロはまったらしく絶賛でした。


★コーヒー ショコラ 小菓子
17-IMG_0845

ショコラもフランス製。私はエスプレッソで。


ぎっちり3時間食事を楽しむことが出来ました。

フォアグラ、トリュフ、キャビア、オマール海老など、フランス・カナダからの食材をメインに、地元食材と自家製農園産の見事な掛け合わせの料理に今回も脱帽でした。

食材が凄いのでお値段もげふんげふん   なのですが、「物よりコト」を今回重視してたので期待以上によかったです。
「私はラルカンシェルで「ガストロノミー・ノエル」を楽しんだのです」
そう、胸を張れる楽しい時間を経験しました。
18-IMG_0847


是非、ラルカンシェルで私と同じ感動と喜びを。

※今回も快く撮影を許可いただきました。感謝します。

【DATA:】
〒691-0001
島根県出雲市平田町2560-1

■電話:0853‐63‐8117
■FAX :0853-63-8118

HP:https://www.larc-izumo.com/




追伸:翌日はいつもの「ラーメン焼き飯セット」を食べる私と女房でした。


nice!(53)  コメント(8) 

ガストロノミー・ノエル 【平田 ラルカンシェル】 [グルメ]

ガストロノミー
 ※料理を中心として、様々な文化的要素で構成される。料理としての格が高いフランス料理のレストランや高級食材店名の冠としても用いられる。
~ Wikipediaより抜粋 ~


★フランス・キャヴィアとルージェ(ヒメジ)&帆立貝のペリーニ
 スペイン・セラーノ生ハムとサワークリームのカナッペ
05-IMG_0819

しょっぱなから驚きの皿である。こんな長い名前なのに皿の中の小さな宇宙の料理。
「ヒメジ・・・って何ですか?」
「小さなお魚ですね。」
ここの前菜はサラダでも特別に旨い。この皿も味わったことの無い新たな旨さだった。次に期待しない訳にはゆかない。
06-IMG_0821

次の料理に合わせるために白ワインがサーブされる。


★フランス・鴨フォアグラのポワレ トリュフ&自家製カブのクリーム ※フォアグラはミュラール種の鴨が最高とされる。
07-IMG_0822

え?
08-IMG_0824

何凄い!

肉厚のフォアグラと大きなトリュフスライスをカブのソースとあわせて口に運ぶ。
フォアグラとトリュフが適度な歯ごたえとナッツのような香ばしい香りを醸し、更に特筆すべきはこのカブのソース。これはもうカブではない。フォアグラとトリュフに負けない二つを纏め上げるコクのある強めの味わい深い堂々としたソースに仕上がっている。
付け合せのキンカンなのだが、これも合わせて口に運ぶと更に甘さと爽やかさがプラスされる。実に細かなところまで考えられている。
実のところ「まさかなー」と思いながらもキンカンをプラスで食べたら笑ってしまった。アホなほど旨い。
全てが口の中で渾然一体となる中、素晴らしいハーモニーを奏でる。夢のような一皿だ。
白ワインと合うことこの上ない!


★自家菜園・バターナッツと木次パスチャライズ牛乳のポタージュ
09-IMG_0827

わ、これにもトリュフ浮かんでる!
あと、・・・クミンシードだ。
バターナッツ・・って、何だ? その場でググる。
・・・・・・・・・・ あ、ひょうたんかぼちゃ! なるほどの味である。クミンシードがいいアクセントだ。チェダーチーズっぽいものが入ってる。コクをプラスするんだな。うまい!

ここのパンも自家製で焼きたてが来るんですが、小さな丸いフランスパンなんですね。
小さいのに皮はパリッとして中はもっちり。当たり前ですがそれが凄くいつもいいクオリティ。
空腹のときはかなりお替りするんですが、今日は抑えて抑えて。
ソースにつけて食べるこの時も嬉しいものです。あのカブのソースとパンも最高でした。



今回はここまで。

次回、後半戦をお送りします。




nice!(59)  コメント(2) 

クリスマスディナーをお気に入りの店で 【平田 ラルカンシェル】 [グルメ]

暫くご無沙汰いたしました。

01-IMG_0808


年に一度の女房への感謝とお互いへのご褒美の証として

ついに

ラルカンシェルのクリスマスディナー、【ガストロノミー・ノエル】を頂くことになりました。

一日限定5組ほど。



04-IMG_0816


久しぶりのこの雰囲気に気分も高揚します。

02-IMG_0813


実に3年ぶり。前回も記事にしていますが、松江から帰ってこられてすぐのことでしたね。

03-IMG_0814


このお皿見ただけでこのお店が特定されてしまうという(笑



今日は、クリスマス。街はにぎやかお祭り騒ぎ・・・・・って、平日だよね。


さて、次回。 私の得意な角度からのグルメカットをお送りします。




nice!(54)  コメント(8) 

隠れたうなぎの専門店・老舗 山美世(やまみせ) 2017年度版 【松江市八束町】 [グルメ]

02-IMG_8648


2013年に上げた記事 > こちら が若干古くなってきたので、最新の記事を追加しておきます。

05-IMG_9165


今年も土用の丑の日を思い切り外して鰻を食べることにしましたが、日曜日は大はかやさんは休みなので山美世さんに伺いました。

03-IMG_8650


もう、超人気店になってしまったので時期を多少ずらそうが時間をずらそうが相席になるほど、行列待ちになるほどです。

04-IMG_8651


店に入って座ってからも40分は待ちます。覚悟しましょう。

06-IMG_9166


特上うな重。今日は「徳島産」だったそうです。素晴らしい出来栄えです。

07-IMG_9167


見てください、この照り! そしてふっくらと焼きあがっています。

08-IMG_9171


並うな重。 この追加の追いダレ、たまりません。秘伝のたれです。販売もされています。

09-IMG_9173


どちらのうな重も二段重ね構造になっております!

10-IMG_9175


やっぱりこの構造が満足感の要ですね。
特上うな重は鰻の量がご飯の量を上回りますので、「ご飯大盛」をお勧めしておきます。(追加料金)

01-IMG_8647


今年も美味しくいただきました。カラ元気が出ます!(笑

DATA:うなぎ処山美世
  住    所:島根県松江市八束町寺津104-3
  電話番号:0852-76-3198
  定 休 日:なし(年末年始の数日間は休業の場合あり)
  営業時間:御 食 事 11:00~15:00
         お持帰り 11:00~17:00
         夜の営業 予約の宴会のみ営業

予約をされても開店時間11時から順番に埋まっていきますので、「●●時」の指定は多分出来ません。

それと最近の新情報です。お店の方にも確認を取りました。

2018年3月に山美世さんは新店舗を近くに構えられます。場所はここ↓
https://goo.gl/maps/PJokVZHxhu62


現在の店の3倍の大きさ、駐車場60台収容予定とのこと。
なお、現在のお店は残りますが、お食事は出来ない予定だそうです。






& mariage (アンドマリアージュ) 【電鉄出雲大社駅】 [グルメ]

2-IMG_6275


「LAUT」から「& mariage」へリニューアル。

今日は期間限定、先着10名限定の特別ランチを頂きました。 イメージカットでお伝えします。

続きは長いので折りたたみます


時期はずれに鰻 大根島 山美世 [グルメ]

1-IMG_6430


この時期に大根島の山美世でうなぎ。

今日は重をやめて丼にする。
いつでも来れるという安心感からか、この時期の日曜日の昼前の時間でも客数は半分程度の余裕さえある。

でも、やっぱりここの鰻は美味しい。

2-IMG_6432


帰りに骨せんべいをお土産に買って帰った。安くて美味しい。




加古川でかつめし [グルメ]

2-IMG_6177


ずいぶん前から食べたかった、加古川B級グルメ「かつめし」

かなり悩んだが

3-IMG_6179


いろはーずに行くことにした。


今回この決断のため、明石の焼きそばは涙をのむことにした。


1-IMG_6173


店内はなぜかウェスタン調ではあったが、
目的のかつめしはデミグラス風をチョイス。
「風」と言う割りに食べると半分デミグラス。うん、間違いないよね。

カツは牛カツ。ここまで来てとんかつなんてありえないチョイス。

しかもちょっと値の張る部位をチョイス。


ウマかったんですが、部位の味までは判断しかねたのが残念でした。

B級の舌には上級部位は必要なかったのかな?w



※当ブログで公開する写真について著作権を放棄しておりません。非営利・営利問わずご利用の際はコメント等でのご連絡をお願いします。